Sap Crystal Reports For Visual Studio 2019

  1. Sap Crystal Reports Para Visual Studio 2019
  2. Sap Crystal Reports Developer Version For Microsoft Visual Studio 2019
  3. Download Crystal Reports Runtime X64

Create and integrate rich reports into your.NET applications with report design software that installs directly into Microsoft Visual Studio. (2020.12) SAP Crystal Reports と Visual Studio 2019 (クリスタルレポート SP26) 最近、とあるブログを参考にしたら壊れていたVS上のクリレポ環境が更に壊れる.

  • Crystal Reports for Visual Studio is supported running on 32-bit versions of Windows running on x86 and x64 CPUs made by AMD and Intel. Crystal Reports for Visual Studio is supported running on 64-bit versions of Windows running on x64 CPUs made by AMD and Intel. 1.6Ghz or faster processor, 1 GB (32 Bit) or 2 GB (64 Bit) RAM.
  • SAP Crystal Reports is a business intelligence tool helps in generating reports from SAP as well as non-SAP data sources. Knowledge of this tool is a plus for managers and business leaders who can generate quality advanced level reports which will help them in making better strategic decisions.
最近、とあるブログを参考にしたら壊れていたVS上のクリレポ環境が更に壊れる


やりたいこと
・クリスタルレポートのレポートも10年前に開発したが、VisualStudio2019で開発出来る様にしたい

開発機
・VisualStudio2019
 拡張機能→拡張機能の管理→MicrosoftVisualStudioInstallerProjectを探しインストール


・VisualStudio2010で作成
・VisualStudioInstaller


・レポートを開くと0と1の羅列 or レポートは開け編集出来るが実行時エラー

インストールされているSAPクリレポVerが合っていない

2019

が、インストーラーを作りMSIをインストールすると、
エンドユーザー環境でレポートが動く(VS内クリレポと客先ランタイムのVerが合致)
開発機で作成中アプリが要求するVerと、開発PCにインストールされているSAPクリスタルレポートのver問題

よって解決というより、SAPクリスタルレポートの最新化(SP26化)です



・以下の、SAP+ Visual Studioの聖地ページを元に開発(VS)実行(PC)環境を改造
SAP Crystal Reports, Developer for Visual Studio Downloads

手順
・プロジェクトの参照設定を全て消し、新しいものに置き換え
・ついでにターゲットフレームワークを.net Framework4.0から4.7.2へ変更(私的要件)
・VisualStudioInstallerでインストーラーを作り、VS上のクリーンWindows10へインストール(私的要件)





1.ターゲット:ページOverviewにある

・インストールするとき管理者でログインしていても「管理者で実行」を選択

3.メール登録、ログイン、必須アプリをDL、インストール



 A. SAP Crystal Reports for Visual Studio (SP29) installation package for Microsoft Visual Studio IDE

 B. SAP Crystal Reports for Visual Studio (SP29) runtime engine for .NET framework MSI (64-bit)

 C. SAP Crystal Reports for Visual Studio (SP29) runtime (64-bit)



・・色々DLしたが、使用したのはA(とB)のみ・・


Aをインストール後、次の画面が表示されるので64Bitランタイムをインストール



これでSAPクリスタルレポートのインストールは完了



Sap Crystal Reports Para Visual Studio 2019




 これは大変重要
 このときプロジェクトのターゲットフレームワークを
 参照設定を行う
ファイルバージョン13.0.29SAP SEバージョン13.0.4000

参照設定完了


レポートを開いてみるとこれまで通りに設計が出来る
実行するとレポートを開くタイミングで発生していたエラーが消えレポートが表示された

以前はDLL5本くらい



これでSAPクリスタルレポートのVS2019化(SAP Crystal Reports SP29化)は完了

ただし、このアプリをエンドユーザーPCへインストールする場合、
3.画像のマージモジュールをインストールする


VS上のクリーンなWindows10Pro64bit
・セットアッププログラムの問題から作成したセットアップファイルでなく.msiをインストール
問題なくレポートは表示された






・インストーラーは一応作る
 とても良いページがあるので そちら を参照した方が良いと思います


エンドユーザーPCでインストールとき、セットアップexeからインストールできません
理由はクリスタルレポート必須モジュール(マージモジュール)DL先がSAP社でなく旧ビジネスオブジェクト社

クリスタルレポートのマージモジュールをインストーラーに入れるなら

こんな面白いページもありました(古い文章なので文字を見る程度が良いかと)
 ↓
・Crystal Reports SDK が使用される .NET アプリケーションがデプロイされ、Crystal Reports デザイナがインストールされていないコンピュータには、Crystal Reports ランタイムが必要です。
こういった説明、最近のSAPクリレポサイトにはありませんね・・

Sap Crystal Reports Developer Version For Microsoft Visual Studio 2019

以上

Download Crystal Reports Runtime X64